Simplicity2に入れたWordPressプラグイン10個

WordPresのテーマをSimplicityにした理由のひとつがプラグインを少なくできることだった。別のサイトでは海外の無料テーマをつかっているけれど、いろいろと重そうなプラグインを利用している。ということで、最低限の数をインストールした。

Google XML Sitemaps

検索エンジン用のサイトマップを自動で作成してくれるプラグイン。それほどSEO対策らしいことはしていないのだけれど、検索からの流入があれば嬉しいもんね。

PubSubHubbub

Googleサーチエンジンに記事の情報をいち早く伝えるプラグイン。パクリ防止にはなる。別ブログから記事を移動させるときには注意が必要。自分が自分のパクリになったら笑えない。

EWWW Image Optimizer

WordPressにアップロードした画像を自動で圧縮してくれるプラグイン。Simplicityそのものでも画像の圧縮はしているみたいなのだけど、こちらでおすすめされていたので入れた。

画像圧縮によるブログの高速化方法です。

WP Multibyte Patch

WordPressをマルチバイト文字に最適化してくれるプラグイン。日本語のひらがなや漢字は2バイトだもんね。最初からインストールされている。

Broken Link Checker

リンク切れを教えてくれるプラグイン。記事が溜まってきたら必要になるはず

WordPress Popular Posts

ウイジェットにPV情報を元にした人気記事を表示するためのプラグイン。このプラグインとSimplicityを関連させると便利なので入れた。記事一覧では「人気記事」、各ページでは「新着記事」になっているはずだ。

最近、メールなどでSimplicityとWordPress Popular Postsに関する質問をいくつかいただきました。 内容は、「Wordpress Popular Postsをインストールしたけどウイジェットがちゃんと動作していな

Instant Images

フリー画像のサイト「Unsplash」の画像検索や保存ができるプラグイン。CC0ライセンスの写真素材サイトはありがたい。ただ、エラーが出ることも多く、下のサイトで検索していることも多い。

Beautiful, free images and photos that you can download and use for any project. Better than any royalty free or stock photos.

Pixabay Images

フリー画像のサイト「Pixabay」の画像検索ができるプラグイン。一応、入れている。「Instant Images」の予備用。これはどの写真素材が好みなのかが問題かな。下に詳しい説明がされている。

「Pixabay Images」というクリエイティブ・コモンズ0やパブリックドメインの写真を手軽に検索して使用できるWordpressプラグインの紹介です。

Amazon JS

Amazonアソシエイトの商品リンクを貼ってくれるプラグイン。このプラグイン以外にも、楽天の商品などを合わせて貼ってくれるやつがあるけれど、あれ、あまりデザインが好きではない。殺風景な方がいいので、こちらを。

Table of Contents Plus

記事の目次を自動でつくってくれるプラグイン。タグをつかって目次を作成するのは面倒だしね。設定は「表示条件」を「6」記事以上、「以下のコンテンツタイプを自動挿入」にチェックして、文字サイズは「95」%にしてある。何が何でも目次ができてしまうのは避けた。

Font Awesome 4 Menus

「Font Awesome」のWebアイコンフォントを利用するためのプラグイン。グローバルメニューにアイコンを付けたかったんだよね。詳しくは下を参考にした。

Font Awesome 4 Menusプラグインを使用してグローバルナビの個々のメニューアイテムにアイコンフォントを設定する手順です。

少ない。海外の無料テーマに入っているプラグインの半分ほどじゃないかな。あとで入れるかもしれないのは3つぐらい。思いつくのは、ビジュアルエディタを拡張してくれる「TinyMCE Advanced」、精度の高い関連記事を表示してくれる「CFiltering」、WordPressのデータをバックアップしてくれる「BackWPup」。それにしても少ない。Simplicityに感謝だわ。