Simplicity2で記事一覧の日付とカテゴリーを消すカスタマイズ

Simplicity2のカスタマイズ備忘録だ。WordPressのテーマSimplicity2で、トップページに表示される記事一覧のメタ情報(日付、カテゴリー)を消去してみた。このサイトで使用したCSSのコードを貼ってある。

Simplicity2のバージョンは2.6.3。

CSSを変更する際の注意

WordPress上で「外観」→「テーマの編集」にある「スタイルシート(style.css)」に変更したいコードを追加していく。その前に気をつけておくことを2つほど。

CSSのカスタマイズは子テーマで

親テーマを直接触るなんて怖くてできない。以下のサイトで「Simplicity2カスタマイズ用の子テーマファイル」をダウンロード。CSSのカスタマイズは必ず子テーマを利用する。

テーマをカスタマイズするなら親テーマの直接編集はお勧めできません。というのも、ダウンロードページで配布しているテーマファイルを直接編集すると、アップデート時に編集下部分がが上書きされ、せっかくのカスタマイズが全て消えてしまいます。それを防ぐ

変更していなければブラウザのキャッシュをクリアを

変更されていなくても、ブラウザのリロード(再読込)をすれば、たいていはCSSの変更を反映してくれるはず。もし、変更されていない場合はブラウザのキャッシュをクリア(スーパーリロード)を試してみる。
(例)Windows
Firefox:Ctrl + F5 または Ctrl + Shift + R
Google Chrome:Ctrl + F5 または Shift + F5

記事一覧の日時とカテゴリーを消去するカスタマイズ

Simplicityのデフォルトでは、上の色を付けた線の部分に【投稿日、カテゴリー】が表示されている。アイコンも付いているし、背景色も周囲と違っていて妙に目立つ。なので、ざっくりと消してみた。余計なものと思ったら、さようなら。それがこのサイトの方向性だ。コメント数も表示されるようだけれど、コメント機能をオフにしているので、この件については触れない。

記事一覧の日付を消去するコード

/*記事一覧の日付の非表示*/
.entry .post-meta .post-date{
display:none;
}

記事一覧のカテゴリーを消去するコード

/*記事一覧のカテゴリーの非表示*/
#list .category {
display: none;
}

カンタンなCSSの説明

子テーマの display: none が便利だ。親テーマで指定されているものを display: none で非表示することができる。Simplicityは名前の通り、とてもシンプルなてーまだけれど、さらにシンプルなサイトを目指す人には使える関数だと思う。

トップページの記事に表示する情報は最小限で

トップページや新着記事などに表示されているのは記事の概要だ。個人的には最低限の情報が見えていたらOKだと思っている。「タイトル」、それに「抜粋文」、文字だけでは寂しいので「サムネイル(画像)」が最小限、表示して欲しい情報かな。もしも、あとひとつ付け加えるとしたら「タグ」ぐらい。日付に左右される内容でもないし、カテゴリーも仮の住所みたいなものだし。これで充分。