Simplicity2で固定ページの日付とSNSボタンを消去するカスタマイズ

Simplicity2のカスタマイズ備忘録だ。WordPressのテーマSimplicity2で、固定ページに表示されている日付(投稿日、更新日)と、シェアするためのSNSボタンを消してみた。このサイトで使用したデザインのCSSコードを貼ってある。

Simplicity2のバージョンは2.6.3。

CSS変更する際の注意

WordPress上で「外観」→「テーマの編集」にある「スタイルシート(style.css)」に変更したいコードを追加していく。その前に2つほど気をつけておくことを。

CSSのカスタマイズは子テーマで

親テーマを直接触るなんて怖くてできない。以下のサイトで「Simplicity2カスタマイズ用の子テーマファイル」をダウンロード。これ、常識。

テーマをカスタマイズするなら親テーマの直接編集はお勧めできません。というのも、ダウンロードページで配布しているテーマファイルを直接編集すると、アップデート時に編集下部分がが上書きされ、せっかくのカスタマイズが全て消えてしまいます。それを防ぐ

変更していなければブラウザのキャッシュをクリアを

変更されていなくても、ブラウザのリロード(再読込)をすれば、たいていはCSSの変更を反映してくれるはず。もし、変更されていない場合はブラウザのキャッシュをクリア(スーパーリロード)を試してみる。
(例)Windows
Firefox:Ctrl + F5 または Ctrl + Shift + R
Google Chrome:Ctrl + F5 または Shift + F5

固定ページの日付とSNSボタンを消去するカスタマイズ

固定ページの右上に表示されている日付(投稿日、更新日)や、シェアするSNSボタン(自分をフォローしてもらうSNSボタンも含む)の情報はいらない。というわけで消してみた。消去したい固定ページの「記事ID」が必要なので、まずはそのチェックから。

記事IDの調べ方

WordPressの「ダッシュボード」→「固定ページ」→「固定ページ一覧」から、消去したい固定ページを選びマウスを乗せると「https://自分のサイトURL/wp-admin/post.php?post=●●&action=edit」みたいな表示が出てくる。クリックしてブラウザ上でURLを確かめてもいい。この「post=●●」の●●に当てはまる数字が記事ID。

固定ページの日付と更新日を非表示にするコード

/*固定ページの日付と更新日を非表示*/
#post-●● .post-meta,#post-●● .post-meta,#post-●● .post-meta{
display: none;
}
/* ●●には記事IDを入れる */

固定ページのシェアボタンを非表示にするコード

/*固定ページのシェアボタンを非表示*/
#post-●● #sns-group,#post-●● #sns-group,#post-●● #sns-group {
display: none;
} 
/* ●●は記事ID */

CSSのカンタンな説明

「display: none」は親テーマで指定されている表示を子テーマで非表示にする際に便利だ。具体的には、問い合わせの固定ページ https://ash.blue/mail/ で日付とシェアボタンの両方を、 プロフィールの固定ページ https://ash.blue/profile/ で日付だけを消している。

固定ページのネタがない……

問い合わせ先のページはメールフォームを入れておけばいいので、勝手に内容が埋まってくれる。ただ、プロフィールは自分で考えないといけない。いろいろなブログと呼ばれるサイトではプロフィールが充実している。まあ、逆に言えば、よくそれだけ自分を曝け出せるな……と思ったりもするけれど。そのうち、何かネタが発生したらポチポチと情報を入れておこうかな。