「交響詩篇エウレカセブン」- 音楽マニアをくすぐるサブタイトルたち(前編)

2005年に放送されたアニメ「交響詩篇エウレカセブン」では過去のアニメだけでなく、映画やSF小説、漫画、テクノ系音楽へのオマージュが散りばめられていた。

第1話のサブタイトルは「ブルーマンデー」。ニュー・オーダーの大ヒット曲「ブルー・マンデー(Blue Monday)」から。いきなりのスタートだ。

サブタイトルで最も象徴的だと思われるアーティストは初期デトロイト・テクノを支えたジェフ・ミルズ

80年代から活躍しているジェフ・ミルズ。

第5話と第30話に曲名が使われていた。ジェフ・ミルズは初期デトロイト・テクノを支えたアーティストの1人だ。現在はデトロイトを離れ、ミニマルテクノをハードにしたハードミニマルに走っている。

アニメ「交響詩篇エウレカセブン」のストーリーについては一切、触れない。簡単な分析ぐらいにおさめる予定だ。本筋のネタバレは面白くないもんね。

オマージュ。先人やその作品への尊敬をこめて、自分の作品にそれを取り入れること。しばしば、そんな意味で使われる。たしか、フランス語だったかな。リスペクトとは、かなり近い意味合いと思っていい。

例えば、映画界であれば、ブライアン・デ・パルマ監督の「殺しのドレス」はアルフレッド・ヒッチコックの「サイコ」へのオマージュで満ちあふれている、などといった言い方などで。

サブタイトルで最も多く使用されているアーティストはTB-303を駆使したアシッド・ハウスのユニットであるハードフロア(Hardfloor)

サブタイトルで最も多く使用されているアーティストはハードフロア(Hardfloor)だ。ジェフ・ミルズがアメリカであったのに対して、ハードフロアはドイツ出身のテクノ・ユニット。高い身長のオリバー・ボンツィオと、低いラモン・ツェンカーのデコボコ・コンビってやつ。

功績としては、一度は消えたローランドのTB-303を駆使したアシッド・ハウスを、1990年前半に復活させたことで評価されている。

1993年に発売された『ティービー・リサシテーション(TB Resuscitation)』はTB-303の中古価格が上がったとも言われている名盤。代表曲の6曲目「アクペリエンス・1(Acperience1) 」もサブタイトルに使われている。

計5回、サブタイトルとして、ハードフロアの楽曲名からとられているようだ。他のテクノ系で使用されたアーティストとしてはデリック・メイ、リッチー・ホゥティン、田中フミヤ、808ステイト、ケミカル・ブラザーズなどがいる。一言で豪華だな。

オマージュ。ひとつ間違えれば盗作だが、この手法をうまく消化されていれば、それは次世代への架け橋となる。「なるほど、この元ネタはこの作品なのか、一度、観てみよ……」。

こんなふうにして、音楽を含めた芸術は引き継がれてきた。

前半のクライマックスともいえる第26話のサブタイトルは、オアシスの「モーニング・グローリー」

「交響詩篇エウレカセブン」で評価の高いひとつがこの第26話。最もキュン度が高い回と言われている。全50話なのだけど、これが前半のピークだった。第26話のサブタイトルは「モーニング・グローリー」。言うまでもなく、このサブタイトルはオアシスのアルバム名であり収録曲でもある。いわゆる名曲だな。

オアシスのアルバムで最も売れたのが、この『モーニング・グローリー(Morning Glory)』だった。これを前半の最も美味しいところにもってきたセンスはいい。

この他にも、広義の欧州ロック系を使っている回がある。例えば……。

プライマル・スクリームの、ロックンロールとアシッド・ハウスの混ぜた超名盤『スクリーマデリカ(Screamadelica)』の「ハイアー・ザン・ザ・サン」(第10話)。

ビョークの再出発となる、現在のビョークが世界的に名前を知られることになった『デビュー(Debut)』1曲目の「ヒューマン・ビヘイヴュア」(第15話)。

このあたりを選んでいるセンスはなかなかやるな、と唸ってしまう。

後編に(続く!)

前編はこちら。 後半のクライマックスともいえる第48話のサブタイルは「バレエ・メカニック」 もうひとつ、高い評価を受けているのが第48話だろう。第26話がキュンなら、この回は泣き...

※ニュー・オーダーの「Power Corruption & Lies」。邦題は「権力の美学」。アメリカ盤は「ブルーマンデー」が収録されている。ただし、全体の流れとしては「ブルーマンデー」なしの方が「美学」だと思う。

※TV版「エウレカセブン」のBlu-rayボックス